▼ MENU

ペットロスにならないために

大切なペットを亡くしてしまうと「ペットロス」になってしまう飼い主さまもおられます。

ペットロスとは?

ペットロスは、ペットを失ったことによる「虚無感」「脱力感」による精神的なダメージのことを指します。正式にはペットロス症候群などと呼ばれます。

 

ペットがいなくなってしまったことで、一緒に過ごしていた楽しい時間や思い出などが不意に蘇り、何をやるにも元気がでなかったり心に穴が空いてしまったような感覚になってしまう方も少なくはありません。

 

症状の重い方だと、ペットとよく遊んだ公園など過ごした時間を思い出してしまうような場所に行くことができなくなってしまう方もおられます。

 

思い出すのが辛くて家に閉じこもってしまうケースもあるようです。

 

大切にしていた分、失った悲しみは計りしれません。

 

しかし、そんな悲しい顔を続けていることは亡くなったペットは望んでいないのではないでしょうか?飼い主さまが前を向いて立ち直ってくれることをペットは何より望んでいるのではないのでしょうか?そして、それが最大の供養になると思います。

 

私たちアニマルハートは、そんな方達のお手伝いをするのが仕事です。

ペットロスになる要因について

ペットロスになる人には共通点がいくつかあります。

もしも、当てはまる場合は心を落ち着かせて対策しましょう。

罪悪感を感じてしまう

これは、自分の不注意でペットが事故にあってしまった、自分が家にいない時にペットが亡くなってしまい、死に目に会えなかった時などに当たります。「あの時こうしていれば・・・」など後悔の念が強い場合には注意が必要です。

 

依存した関係になっている

結婚相手のようなパートナーみたいな間柄になっている。なによりペットのことが最優先で、ペットのことが一番大切な方に多いです。ペットのことばかり考えていて、他のことに興味が持てない人などは、ペットが亡くなったショックが大きくなる傾向にあります。特に一人暮らしの方など。

 

悲壮感の抑制

自分の中では「ペットがいなくなったくらいで大袈裟な・・・」と思い込んでいる場合に結果的に心の傷が大きくなってしまうケースもあります。ペットを失うことで悲しくなるのは自然なことです。

このように、ペットロスになる要因は様々です。(上記は一例にすぎません)

 

対策としては、ペットが亡くなったらきちんとお葬式をしてあげて、まわりを気にせず泣いてあげることです。そして、ご家族やご友人、アニマルハートのスタッフでも構いませんのでペットとの思い出などをお話ください。

 

言葉として吐き出すことで気持ちを整理する効果があります。それができない場合でも、ペットにお手紙を書いてあげてください。

お骨上げ(拾骨)

ペットの訪問火葬をされた際には、お骨上げをおすすめしています。

 

ペットが亡くなって悲しい気持ちを持たれている飼い主さまも、ご自分の手でお骨上げをしていただくことでペットの死に落ち着いて向き合うことができるからです。そして、笑って見送ってあげてください。

 

ペットが亡くなったことが悲しくてお骨上げなんてできない。とおっしゃる方も少なくありませんが、ツライ時ほどお別れをきちんとしてあげることで気持ちの整理がついたりします。悲しい顔を続けていることはペットの供養になりません。笑顔を見せてあげてください。

 

後で、「あの時もっとこうしてあげれば良かった」と後悔しないためにもアニマルハートではお骨上げをおすすめしています。

お問い合わせはこちら
アクセス

島根県出雲市西谷町540
駐車場あります。


p-cam.png
ホームページを見た!の一言で無料カウンセリングを実施中!

営業時間 24時間

松江営業所開設

松江市西忌部町541ー2
山陰自動車道松江西入口から大東方面に5分

フリーダイヤル
0120ー48-2305 24H営業


アクセス

〒693-0102
島根県出雲市西谷町540

アニマルハートは、出雲で初めて移動火葬車を利用したペット火葬を行う会社です。ペットを供養してあげたいけど、時間がなかなか作れない方、霊園まで行くことができない方の為に、私達が火葬車でご自宅まで伺います。